産後の足のむくみ

赤ちゃんの誕生とはとても喜ばしい出来事で、自分自身も周囲の人々も幸せな気分になれますよね。

特に、出産をした張本人は、辛い時間を乗り越えての対面なわけですから、その喜びもひとしおでしょう。

しかし、お母さんとは本当に大変なもので、出産を乗り越えたかと思ったら次は産後のあらゆる身体の不調が待ち受けています。

産後は生活習慣の変化やホルモンバランスの乱れによって体調を崩しやすい時期なのです。

その症状の一つに「足のむくみ」が見られる事が多いようですが、その原因、また解消法は一体何なのでしょうか?

 

産後の足のむくみの原因について

産後の足のむくみの原因

産後の足のむくみは、通常のそれとは原因が若干異なってくるようです。

どのような要因によるものなのか、詳しく見ていきましょう。

 

自律神経の乱れ

産後は、育児のストレスやホルモンバランスの変化により自律神経が乱れやすい時期であると言われています。

そうなると、体内の血流が悪くなり、それが結果として足のむくみを引き起こしてしまいます。

 

基礎代謝の低下

産後は運動不足、あるいは寝不足になりやすい時期です。

体力が完全に回復していない為に身体を動かす事もあまり出来ませんし、育児によって睡眠時間が大幅に削られる事も日常茶飯事です。

これらの要因によって基礎代謝が低下してしまい、さらに血液の流れが悪くなってしまいます。

それが足のむくみを引き起こしてしまうというわけです。

 

急激な血液の減少

妊娠中は妊娠前と比較して3割から5割ほど血液の量が増えると言われています。

それが出産時に急激に失われ、産後はさらに血液の供給量が減少していきます。

私達の身体はよく出来ているもので、それに対抗して妊娠前の血液の量まで戻そうと努めてくれるわけですが、その過程において身体がむくみやすくなり、足のむくみに繋がっていくという事になります。

 

授乳時はむくみやすい

出産後の授乳の時期は、座って過ごす時間が多くなりますよね。

そうなると、体内の水分が下の方へ降りやすくなるので、結果として足のむくみに繋がってしまうという事になります。

特に、新生児期から生後2、3ヶ月頃までは授乳回数が多く、1日に10回以上授乳をする場合もあるので特に足のむくみが出やすい時期であると言えます。

 

産後の足のむくみの解消法について

産後の足のむくみの解消法

足のむくみが気になるところではありますが、産後はまだまだ体力も回復しておらず身体のあらゆる機能も弱っている時期です。無理のない範囲で対策をおこなっていきましょう。

以下のような解消法が効果的であると言われています。

  • 適度な運動(産後1ヶ月健診後であればピラティスやヨガも◎)
  • 食事の際の塩分をなるべく控える
  • 積極的にカリウムを摂取する
  • 足の血行を良くする(足湯など)
  • 適度に足を高くして横になる
  • マッサージをおこなう

通常のむくみ対策に通じるものばかりで比較的簡単に取り組む事が出来るので、ぜひ実践してみて下さい。

 

産後の足のむくみにおいて注意すべき点とは

産後の足のむくみにおいて注意すべき点

妊娠前に「妊娠高血圧症候群」であると診断された方で、産後に足のむくみがひどい場合には注意が必要です。

ひどくなると尿蛋白や高血圧などの症状が現れる事もあるので、心当たりのある方は医師の診断を受けるようにしましょう。

足のむくみは、何らかの病気のサインである場合も考えられます。

あまりにも症状がひどい時や妊娠前に何らかの疾患を指摘されていた場合などは、自分自身の為にも赤ちゃんの為にも、必ず病院を受診するようにして下さい。

 


 
top

スッキリサプリメント5選(トップ記事)

女性の天敵とも言える足の悩み。不快感や痛みを放っておくと、段々と取れにくくなる事もある為、小まめにケアすることが大切です。そこでサプリメントですが忙しい方にも手っ取り早くケア出来る方法で今人気も有り私もおすすめ。ただ多くある商品からどれを選べば良いか判らないという人も多い為、管理人が最も信頼する商品を5つに絞り紹介していますので、是非参考にして頂ければ幸いです。