湿布を利用したケアの方法

足のむくみに悩んでいる方は非常に多く、それに伴い実に多くの解消法やケアグッズが利用されています。

マッサージローラーや着圧靴下などは有名なグッズですが、皆様、実は「湿布」もまた足のむくみケアに一役買ってくれる事をご存知でしょうか?

通常は腰痛や肩こりがひどい時に活躍してくれる湿布ですが、足のむくみにも使えるとはまさに万能薬であると言っても過言ではありません。

では、どのように使用すれば良いのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

 

足の裏のツボを目がけて湿布を貼ろう

足の裏のツボ

私達の足の裏には、脂肪の代謝を促進する働きのあるホルモンを分泌させて、体内の脂肪を効率よく燃焼させる「甲状腺のツボ」と、腸の働きを促進しつつ水分の代謝を上げる働きのある「腎臓と腸のツボ」とがあります。

これらに湿布を貼る事によって血流がよりスムーズになり老廃物や水分の排出も促進されるので、足のむくみに非常に効果的であると言われています。具体的な貼る場所としては、

  • 5本の足の指の付け根に湿布の一番上がくるように1枚(湿布は横長で)
  • 土踏まずのちょうど真ん中に1枚(湿布は縦長で)

この2点を参考に貼っていただくと分かりやすいかと思います。

左右両方の足に貼り、剥がれやずれを防止する為に補強テープなどで固定すると尚良いですね。

 

足の裏には重要なツボがたくさん

足の裏のツボは、ほぼ全ての身体の機能と繋がっていると言われています。

その為、足の裏を刺激する事によってあらゆる効果が期待出来るというわけです。

また、足の裏には血管や自律神経も密集しているので、その部分に湿布を貼る事によって血流が促進されたり自律神経が良い感じに刺激されたりして、結果として足のむくみに大きく働きかけてくれるという事になります。

 

「薬草エキス」含有の湿布だと尚良し

また、湿布には「薬草エキス」なるものが含まれているものがありますが、足のむくみの解消を目的とする場合には、この種類の湿布を選ぶと良いとされています。

何故ならば、薬草エキスが足の裏に働きかけてくれる事によって血流や新陳代謝をよりスムーズにしてくれる働きが期待出来るからです。

また、むくみを放置してセルライトに変わってしまった場合のケアとしても、この「薬草エキス」の湿布が効果的なようです。

このように、「湿布を足の裏に貼るだけ」という極めて簡単な方法ではありますが、その効果は中々のもので実際にこの方法を続けた事によって足が軽くなったという声もたくさん報告されています。

マッサージやストレッチをする時間が取れない方でも、湿布を購入して貼るだけならば何とか実践出来そうですよね。

手軽に出来るケアなので、ぜひ試してみられて下さい。

 


 
top

スッキリサプリメント5選(トップ記事)

女性の天敵とも言える足の悩み。不快感や痛みを放っておくと、段々と取れにくくなる事もある為、小まめにケアすることが大切です。そこでサプリメントですが忙しい方にも手っ取り早くケア出来る方法で今人気も有り私もおすすめ。ただ多くある商品からどれを選べば良いか判らないという人も多い為、管理人が最も信頼する商品を5つに絞り紹介していますので、是非参考にして頂ければ幸いです。