足のむくみが気になる時には水分を摂るべき

夏場などは非常に喉が渇きやすい時期ですよね。就寝前に冷たい飲み物を飲み過ぎてしまって、翌朝に足や顔がむくんでしまった…という経験はありませんか?

このように、体内に余分な水分が溜め込まれる事はむくみの大きな原因の一つであると言えます。

しかしながら、むくみを回避したいからと言って水分を控え過ぎるのもまた、結果としてむくみを引き起こしてしまう事もあるようです。

水分を摂ってもむくむし、摂らなくてもむくむし…一体どうすればいいの!?と思ってしまいますよね。

適切な水分の摂取方法について詳しく見ていきましょう。

 

水分の摂り過ぎが足のむくみに繋がるのはどんな時?

水分の摂り過ぎが足のむくみに繋がるのはどんな時?

まずは「水分の過剰摂取」について見ていきましょう。

冷たいものをがぶ飲みするなど、一時的に大量の水分を摂取した場合、当然むくみが引き起こされてしまいますよね。

しかしながら、私達の体内の腎臓には余分な水分を体外に排出する働きがあり、例え大量の水分を摂り過ぎたとしてもそれは尿として出ていってくれます。

水分を摂り過ぎた時に尿の量も比例して増加するのはこの働きによるものであると言えますね。

こういうわけで、健康な身体の方であれば、腎臓の排出機能が追い付かないほどの量の水分を飲まない限り発生したむくみは時間と共に解消されます。

もっとも、腎機能で賄えない程の水分量を体内に入れる前にお腹が苦しくなって断念してしまうでしょうけれどもね(笑)。

気を付けなければならないのは、腎臓に何らかの不調が見られる場合の水分の過剰摂取です。

腎臓が余分な水分を排出する働きが鈍くなっている時に水分を摂り過ぎると、体内に水分が残ってしまう可能性がぐんと高くなってしまうからです。

腎疾患を患っている方、腎臓の調子が良くない方などは水分の摂取量に注意をするようにしましょう。

 

水分不足が足のむくみに繋がるのはどんな時?

水分不足が足のむくみに繋がるのはどんな時?

では、逆に「水分不足」が足のむくみを引き起こしてしまうのはどのような時なのでしょうか?そのメカニズムについて見ていきましょう。

私達の身体は、水分が不足してしまうと体外への排出を減少させ、身体に必要な水分を体内に保とうとする働きが起こります。これこそが「水分不足によるむくみ」の正体という事になります。

さらに、普段から「自分はむくみやすい」と自覚して水分を控えようとする傾向が強い方は、体内の水分不足により新陳代謝や血液の循環が鈍くなりがちであると言われています。

そしてこの状況は慢性的なむくみを引き起こしてしまう確率をも高くしてしまうのだそうです。

むくみの対策の一環として極端に水分を控えた事が、かえってむくみを引き起こす原因になっていたという切ない事実であると言えます。

 

正しい水分補給の方法とは?

正しい水分補給の方法とは?

このように、水分は摂り過ぎるのも極端に減らし過ぎるのも身体にとって良くないという事が分かりました。

むくみを回避する為にも、正しい水分補給の方法について知っておきましょう。

以下の事に気を付けて水分を摂る事によって、足のむくみの対策も同時に行う事が出来ます。

  • 就寝直前はなるべく水分を控える…就寝中は腎臓の機能もお休みモードに入る為
  • 一度に大量の水分をがぶ飲みしない…腎臓の排出機能が追い付かなくなってしまう為
  • 利尿作用のあるものの摂り過ぎに注意…すぐに尿として出され、体内が水分不足になる為
  • 冷たいものの摂り過ぎに注意…血液の循環が悪くなる原因になる為

これらの注意事項についてしっかりとおさえておきましょう。

水分の摂取は私達が生きていくうえで欠かす事の出来ない行為ですが、だからこそ身体に良い摂取方法をしっておきたいですよね。

上手に水分補給をする事で、貴方の悩みである「足のむくみ」のケアをも行う事が出来ます。

「むくみを避けたいから…」と水分を我慢するのはご法度。適度に摂取する事が大切であるという事をしっかりと覚えておきましょう。

 


 
top

スッキリサプリメント5選(トップ記事)

女性の天敵とも言える足の悩み。不快感や痛みを放っておくと、段々と取れにくくなる事もある為、小まめにケアすることが大切です。そこでサプリメントですが忙しい方にも手っ取り早くケア出来る方法で今人気も有り私もおすすめ。ただ多くある商品からどれを選べば良いか判らないという人も多い為、管理人が最も信頼する商品を5つに絞り紹介していますので、是非参考にして頂ければ幸いです。