足のむくみが気になる場合の強い味方「カリウム」とはどんな成分?

気になる足のむくみをどうにかしたい!という場合、マッサージや適度な運動など外部からの働きかけももちろん大切ですが、同時に身体の中からケアをしていく事もとても重要です。

足のむくみの解消に働きかけてくれる栄養素をバランスよく摂取していく事が望ましいとされていますが、中でも特に積極的に取り入れたい成分が「カリウム」です。

その理由とは一体何なのでしょうか?

 

足のむくみの原因の一つ、「塩分の過剰摂取」

塩分の過剰摂取

足がむくんでしまう原因は色々考えられますが、その一つに「塩分の過剰摂取」が挙げられます。

レトルト食品や加工食品を口にする機会が多い現代では、塩分を過剰に摂取しがちな傾向が強いとも言われていますよね。

この、むくみの原因になりがちな「塩分の過剰摂取」ですが、これが実は「カリウム」と大きく関係しているのです。

 

塩分に含まれる「ナトリウム」と「カリウム」との関連性

私達の体内には「ナトリウム」という成分が存在し、「細胞外液」に分類されます。

一方、「カリウム」の方は「細胞内液」に分類されますが、これらはいずれも通常は一定の濃度が保たれている状態です。

しかし、ナトリウムを多く含む「塩分」を過剰に摂ってしまうと、体内のナトリウムの濃度が一気に上昇してしまいます。

体内においてナトリウムばかりが上昇してカリウムが不足している状態になると、私達の身体はナトリウムの濃度を下げる為に水分を溜め込もうとします。

これが結果として足のむくみを引き起こしてしまうという事になります。

これは反対に言えば、塩分の過剰摂取(ナトリウムの濃度上昇)によって足のむくみが発生した場合には、カリウムを積極的に摂取する事でむくみに働きかけてくれるという事になります。

 

カリウムの主な働きとは?

カリウムの主な働きとは?

カリウムには、私達が摂りすぎてしまった塩分を水分と一緒に体外に出してくれる働きがあるので、塩分が濃い目の食事をする際にカリウムを豊富に含む食材を一緒に摂る事でむくみの防止に繋がるという事になります。

カリウムの特性として「熱に弱い」というものがあるので、野菜や果物などの生で食べる事の出来る食材から摂取すると良いでしょう。

 

カリウムが豊富に含まれる食材と1日の摂取量の目安は?

カリウムが豊富に含まれる食材と1日の摂取量

カリウムを多く含む食材としては、パセリ、よもぎ、アボカド、ホウレンソウ、納豆、ぎんなん、サトイモ、明日葉、モロヘイヤ、にんにく、にら、キュウリ、キウイ、キャベツ、バナナなどが挙げられます。

また、意外なところではチリソースにも多くのカリウムが含まれているそうです。

味付けの際にチリソースを積極的に使用するのも良いかもしれませんね。

また、厚生労働省が推奨しているカリウムの摂取量の目安は、

  • 成人男性:2500mg(年間)
  • 成人女性:2000mg(年間)

となっています。高血圧が気になると言う方に限っては3500mg(年間)を目安にすると良いとの事なので、参考にしてみて下さい。

このように、「カリウム」は足のむくみのケアになくてはならない存在であると言っても過言ではありません。

ファーストフードやコンビニエンスストアのお弁当、レトルト食品や冷凍食品は私達の生活を便利にしてくれますが、無意識の内に多量の塩分を摂ってしまう原因にもなり得ますので、カリウムを上手に摂取しながらむくみの予防をおこなっていきましょう。

 


 
top

スッキリサプリメント5選(トップ記事)

女性の天敵とも言える足の悩み。不快感や痛みを放っておくと、段々と取れにくくなる事もある為、小まめにケアすることが大切です。そこでサプリメントですが忙しい方にも手っ取り早くケア出来る方法で今人気も有り私もおすすめ。ただ多くある商品からどれを選べば良いか判らないという人も多い為、管理人が最も信頼する商品を5つに絞り紹介していますので、是非参考にして頂ければ幸いです。