ツボを刺激してスッキリ

多くの方々が頭を抱えている「足のむくみ」ですが、それを解消する為のツールとして着圧ソックスやマッサージオイルなどの便利なグッズも多く見られるようになってきました。

あるいは、エステサロンでプロの施術を受ける事も可能で、あらゆる方法を駆使して悩みを解決する事が出来る時代になってきていると言えます。

しかし、それらを利用するには当然ある程度の費用がかかりますし、エステを利用する場合には時間の確保も不可欠です。忙しい現代人にとっては中々ハードルの高い解消法であると言えますよね。

そこで注目をしたいのが「ツボ」によるむくみ解消術です。

ツボは非常に長い歴史があり、民間療法として人々から親しまれてきました。コツさえおさえれば、自宅でも手軽に出来る上にお金もかからないというとても魅力的な方法です。

足のむくみをツボで解消する方法について詳しく見ていきましょう。

 

場所や時間を選ばずに実践出来る!ツボ押しの魅力

場所や時間を選ばずに実践出来る!ツボ押し

わざわざエステサロンに足を運ぶ事なく実践出来る、ツボ押しによる足のむくみ解消。

自宅でテレビを見ながら、あるいは音楽を聴きながらケアが出来るのも嬉しいですよね。

何事も継続が大切ですが、場所や時間を気にする事なく実行出来るツボ押しの手軽さは非常に魅力的であると言えるでしょう。

 

足のむくみの解消にピッタリのツボ

足のむくみの解消にピッタリのツボ

では、足のむくみを解消する為のツボについて詳しく見ていく事にしましょう。

 

  • 湧泉(ゆうせん)

…私達の足の裏にあるツボ。位置の詳細は、足裏の中指の下の辺りで土踏まずよりも若干上になります。

足の指を内側に向けて曲げると湧泉の部分がくぼむので、これを利用すると位置を掴みやすいかと思います。

  1. 手の親指の腹を利用して、力を入れながら湧泉のツボをおよそ3秒間押します。
  2. 押した後は親指の力を抜き、3秒間何もせずにそのまま待ちます。
  3. これを両足それぞれ5回ずつ繰り返します。

湧泉は「万能のツボ」とも言われており、足のむくみの他にも、冷えや血流改善、筋肉の疲労回復などの効果も期待出来ます。

親指だと力を入れにくいという方は、ツボ押し棒や青竹踏みなどを利用すると簡単に湧泉を刺激出来ますので、ぜひ試してみて下さい。

 

  • 三陰交(さんいんこう)

…足の内側のくるぶし付近に位置するツボです。

位置の詳細は、内側のくるぶしから指4~5本分上の辺りで骨と筋肉の境目の部分になります。

押すと痛みを感じるので、強く押しながら探すと分かりやすいかと思います。

  1. 床に腰をおろし、三陰交の場所を探し当てて、親指の腹を利用してツボを刺激します。
  2. およそ5秒間押して下さい。この時、強く押し過ぎないように注意をするようにしましょう。
  3. 両足それぞれ5回ずつ繰り返します。

三陰交を刺激する事は下半身の血行の改善を促進してくれるので、足のむくみ、便秘、生理痛などの女性特有のトラブルに働きかけてくれます。

あらゆる場面で活躍してくれるツボなので、覚えておくと便利ですね。

 

  • 至陰(しいん)

…足の小指の爪の付け根の外側(キワの部分)に位置するツボです。

小指の爪が目印なので、比較的分かりやすいのではないかと思います。

  1. 人差し指と親指を利用して至陰の部分を挟んで優しくもみほぐします。
  2. およそ5秒間もみほぐしたら、5秒ほど休みます。
  3. これを10回ほど繰り返します。両足とも行いましょう。

至陰は、冷えや頻尿など、足のむくみと密接に関連する症状を改善する効果が期待されます。
積極的にツボ押しをするようにしましょう。

このように、いつでもどこでも気軽に出来るツボ押しは、足のむくみのケアとして非常に有効的であると言えます。

ツボ押しは、痛ければ痛いほど効果があるような風潮がありますが、自分で行う場合には「気持ちがいい」と感じる程度に留めておく方が望ましいでしょう。

あまりにも痛さを追求してしまうと、その痛みが交感神経を刺激して興奮状態になり、リラックスする事が出来ないのでかえって逆効果になってしまう場合もあります。

自分の足を労わりつつ、優しく丁寧にケアをするよう心がけていきましょう。

 


 
top

スッキリサプリメント5選(トップ記事)

女性の天敵とも言える足の悩み。不快感や痛みを放っておくと、段々と取れにくくなる事もある為、小まめにケアすることが大切です。そこでサプリメントですが忙しい方にも手っ取り早くケア出来る方法で今人気も有り私もおすすめ。ただ多くある商品からどれを選べば良いか判らないという人も多い為、管理人が最も信頼する商品を5つに絞り紹介していますので、是非参考にして頂ければ幸いです。