足のむくみを取る方法!むくみ解消の秘訣!

お肌の状態、胃腸の調子、メイクののりなど、女性の悩みは多岐にわたりますが、必ずと言ってもいい程に常に上位にランクインするのが「足のむくみ」です。

ストッキングや靴下の跡がついてしまう、朝と比較して明らかに足が太く見えてしまうなどの外見上の問題はもちろんの事、朝には普通に履く事が出来ていた靴が夕方にはきつくなってしまったり、あるいは足に重さやだるさを感じたりするなどの不快感もまた「足のむくみ」特有の悩ましい部分ですよね。

さらに、この「足のむくみ」は、その症状が慢性化している場合には何らかの疾患である可能性も考えられます。

そうなってしまうと、「お気に入りのスカートが穿けない」どころの話ではなくなってしまうわけです。

こういうわけで、自分の足がむくんでいると自覚した時点で何が何でもむくみに対してケアをしていく事が望ましいという事になります。

このように、「足のむくみ侮ることなかれ」とも言える事になりますが、そもそもの原因は一体何なのでしょうか?また、症状を改善するにはどのような方法をとれば良いのでしょうか?

 

足のむくみとはどんな症状なの?

足のむくみとは

そもそも、「足のむくみ」とは一体どのような症状の事を指すのでしょうか?

とてもざっくりと言うと、「体内の血液中の水分がリンパ管や血管の外に染み出してしまい、足の皮膚の下にそれが溜まった状態」を「足のむくみ」と表現します。

余分な水分が溜まった分だけ足が太く膨張したように見えてしまうというわけです。

 

足のむくみが発生する原因とは?

では、足のむくみが発生する原因にはどのようなものが考えられるのでしょうか?

その原因は一つではなく、以下のように複数が考えられます。

 

  • 水分や塩分の過剰摂取

…水分や塩分を過剰に摂取してしまうと、私達の体内の血液中の水分は増加します。

不要な水分が皮膚の下に溜まってしまい、それが足のむくみの原因になってしまうというわけです。

 

  • 長時間の立ちっぱなし

…長時間立っていると、重力によって血液がどんどん下へ向かい、結果としてそれが足に溜まってしまいます。

すると静脈の圧が高くなり、水分を受け入れるのが困難になってしまい、足がむくんだ状態になってしまうという事になります。

 

  • 長時間の座りっぱなしや運動不足

…長時間座りっぱなしでいたり身体を動かさない状態でいたりすると、本来は体内の血液を循環させるポンプのような役割のあるふくらはぎの筋肉が衰えてしまいます。

すると足に水分が溜まりやすくなって、結果としてむくみが引き起こされてしまうというわけです。

また、足の先の毛細血管に血液が行き届かなくなるので、血行不良や冷えが発生し、それによって足がむくむ事もあります。

 

  • (女性の場合は)妊娠中の場合

…女性は妊娠すると、母体と赤ちゃんの二人分の栄養、血液、酸素などを抱えなければならない為、体内の水分量が通常よりも増えた状態になっているので、足もむくみがちになります。

 

  • 薬剤性腎障害(薬の服用による副作用)

…意外な事に、薬の服用が原因で足のむくみが発生する事もあるそうです。

専門用語で「薬剤性腎障害」と呼ばれていますが、薬を飲む機会が多い高齢者によく見られる症状なのだとか。

むくみの他にも、頻尿や多尿、血尿、関節痛、発熱などの症状が併発する事もあるようです。

 

  • 腎臓の調子が悪い場合

…腎臓の調子が良くない場合、私達の体内の余分な水分を尿(老廃物)として体外に排出する事がスムーズにいかなくなってしまいます。

すると体内に余分な水分がどんどん溜まってしまい、むくみが引き起こされてしまいます。

 

  • 肝臓の調子が悪い場合

…肝臓にはとても大切な役割があり、私達の血管内に水分を保持する為の「アルブミン」という成分を生成してくれます。

しかし、肝臓の調子が悪くなる事によってアルブミンがスムーズに作られなくなり、それによって動脈の水分が血管外に出やすくなります。さらに静脈においては、血管に水分が戻りにくくなるので、結果として足のむくみが引き起こされてしまうというわけです。

 

  • 心臓の調子が悪い場合

…心臓には、私達の体内に血液を循環させるという重要な役割があります。

しかし、心臓の調子が悪くなってしまう事によって血液がうまく体内に行き渡らなくなり、足の方に血液が溜まってしまう事があります。これこそが「足のむくみ」なのです。

 

  • 下肢静脈瘤(かしじょうみゃくりゅう)

…少し難しく聞き慣れない言葉ですが、足のむくみの原因の一つに「下肢静脈瘤」が考えられる場合があります。

人間の体内の静脈には、血液が逆流するのを防ぐ「静脈弁」が存在します。

しかし、この静脈弁が壊れてしまうと、血液が逆流してどんどん足の方に溜まっていきます。

これによって足のむくみが引き起こされるというわけです。

また、症状が悪化すると、血液が集まって溜まる事によって肌が黒みを帯びたり、あるいは湿疹やかゆみが出たりする事もあります。

 

このように、足のむくみの原因は色々と考えられます。

立ちっぱなしや座りっぱなし、あるいは水分や塩分の過剰摂取が原因の場合にはセルフケアに力を入れる事で状態を良い方向へ持っていく事は出来ますが、身体の不調が原因の場合には重大な疾患へと繋がりかねないので、あまりにもむくみが改善されないと感じた場合には医師の診断を受ける事も視野に入れて下さい。

 

足のむくみの対策はどのようにすればいいの?

足のむくみの対策はどのようにすればいい

どんな問題であれ、症状がそこまで重くない内にケアをするに越したことはありません。

自分で実行出来るケアや食生活に取り入れるべき食材などについてきちんと理解し、重大な病気を発症してしまう前に足のむくみ対策をとるようにしましょう。

では、自分で出来る足のむくみケアにはどのようなものがあるのでしょうか?

 

足のむくみが気になる場合に積極的に摂るべき成分や食材とは?

足のむくみが気になる場合に積極的に摂るべき成分や食材

どんな身体の不調であれ、まずは体内の状態を整える事が不可欠です。

足のむくみのケアの一環として積極的に摂取するべき成分とそれを含む食材についてきちんとおさえておきましょう。

 

  • カリウム

…体内の余分な塩分を排出してくれる働きが期待出来るのがこの「カリウム」です。

体内の塩分と水分とのバランスが崩れてしまうと足のむくみが引き起こされやすいので、カリウムを食生活に取り入れるのが望ましいとされています。

(カリウムを多く含む食材)
かぼちゃ、グリーンアスパラ、トマト、ミニトマト、オクラ、きゅうり、ピーマン、サツマイモ、ジャガイモ、かぶ、ごぼう、にんじん、玄米、明日葉、とうもろこしのひげ等※カリウムは茹でてしまうとお湯に流出しやすいという特徴があるので、調理の方法次第ではカリウムが全て流れてしまう場合があります。生の野菜を摂るか、あるいはサプリメントを利用する事をお勧めします。

 

  • ポリフェノール

ご存知、抗酸化作用で定評のあるポリフェノール。余分な老廃物を体外に排出する働きを促進してくれる成分です。

(ポリフェノールを多く含む食材)
ブルーベリー、ぶどう、いちご、コーヒー、赤ワイン、カカオ豆(チョコレートやココアパウダーなど)、大豆製品(納豆、豆腐など)等
※チョコレートやココアなどは糖分や脂肪分も多く含んでいるので、ポリフェノール摂取の為だからと言って食べ過ぎてしまうのは禁物です。

 

  • シトルリン

体内の水分が体外に排出されるのをスムーズにする「利尿作用」を促進してくれる成分です。

ロンやスイカ、キュウリなどのウリ科の食物のほとんどに多く含まれています。

「シトルリン」という名前もまた、スイカの学名である「Citrullus vulgaris」が由来であるとされています。

(シトルリンを多く含む食材)
スイカ、メロン、キュウリ、にがうり、冬瓜、ヘチマ等
※シトルリンの1日あたりの摂取量の目安は800mg~1000mg前後ですが、これを上記の食品だけで補おうとすると、スイカ1/7個、メロン1個半、キュウリ56本もの量を消費しなければなりません。スイカはともかく、キュウリ56本は中々難しい量ですよね。効率よくシトルリンを摂取する為にはサプリメントを利用するのも一つの手です。

 

  • リコピン

リコピンはトマトに多く含まれている事で有名な成分ですね。特筆すべきはその抗酸化作用。

ビタミンEの100倍もの力が期待できると言われています。

血液を綺麗にサラサラにしてくれたり、新陳代謝を活性化させてくれたりするなどの働きが期待出来るので、足のむくみが気になる場合はぜひ積極的に取り入れて欲しい成分です。

(リコピンを多く含む食材)
トマト、ミニトマト、スイカ、ピンクグレープフルーツ、パプリカ等

 

  • メリロート

西洋では医薬品としても重宝されているハーブの一種です。血行、リンパの流れをスムーズにしたい場合にはこのメリロートを積極的に摂ると良いとされています。

 

  • ショウガ

ショウガに含まれるショウガエキスを積極的に摂取する事によって血行の促進が期待出来ます。

 

足のむくみの大敵の一つである血行不良を良い方向へ持っていく為にも、積極的に取り入れていきたいところです。

「食生活」という側面から足のむくみのケアをしようと考えるならば、ぜひとも上記の成分や食材を参考にしてみて下さい。

しかし、シトルリンの1日の摂取目安量がキュウリ約56本であるように、食事のみから十分な成分を摂るのが困難なケースもあります。

そのような場合はサプリメントを利用するのも一つの手です。近頃は色々な優秀なアイテムが販売されているようなので、自分の好みの商品を探してみると良いでしょう。

 

足のむくみの具体的なケアの方法は?

足のむくみの具体的なケアの方法は?

足のむくみが一過性のものである場合は、セルフケアによって状態を理想のものにする事も可能です。

足のむくみに働きかけるケアとしてはどのような方法があるのか詳しく見てみましょう。

 

  • マッサージやリンパマッサージをおこなう

…入浴後などの血行が良い状態の時にマッサージをおこなう事は非常に有効的であるとされています。

テレビを見ながら実践出来るような簡単なものもあるので、自分が継続出来そうな内容のものを探してみると良いかもしれません。

マッサージの内容(難しさ)よりも重要なのが「継続」です。続けやすさに重点を置いて、色々と試してみて下さい。

 

  • ストレッチや体操をおこなう

…こちらも、少し複雑な動きから比較的簡単なものまで色々な内容のものがあります。

オフィスで座りながら実践出来るようなエクササイズもあるので、自分がやりやすいと思うものを見つけてそれを続けてみて下さい。

 

  • 足のむくみ対策グッズを利用してみる

…最近は足のむくみのケアの為の道具がたくさん販売されています。

着圧ソックスやマッサージローラーを始め、マッサージの為のジェル、あるいは足の裏に貼るシートなどもあるようです。

ドラッグストアや雑貨屋さんに行くとたくさんのグッズをあれこれ見る事が出来てとても楽しいですよ。ぜひお気に入りの一品を見つけてみて下さい。

 

  • 毎日使用している衣類や履物を見直してみる

…身体をきつく締め付けるような下着やきつめの靴、あるいはハイヒールなどは足のむくみを引き起こす要因になりかねません。

少し余裕のある下着に変えてみる、靴のサイズに気を付ける、ハイヒールは特別な時にだけ履く、などの工夫もまた足のむくみケアの一環になります。

 

  • エステサロンを利用してみる

…セルフケアの時間が中々取れない、あるいはプロの施術を受けてみたいと考える方は、エステサロンを利用するのも一つの手です。

プロに施術をしてもらうのはとても気持ちが良いので、リラックス効果も併せて期待出来ます。

 

中々足のむくみが元に戻らない時は病気の可能性も?

中々足のむくみが元に戻らない時は病気の可能性も?

程度の軽い足のむくみであれば、ある程度自分でケアをして気を付けるようにする事で徐々に気にならなくなっていきますが、むくみが慢性化している場合には何らかの疾患である可能性も考えられるので注意が必要です。

症状として「足のむくみ」が現れるような疾患としては以下のようなものが考えられます。

  • 循環器系の疾患…右心不全、下肢静脈瘤、深部静脈血栓症、慢性静脈不全症、リンパ浮腫など
  • 血液内分泌代謝に関係する疾患…脚気、慢性甲状腺炎(橋本病)、甲状腺機能低下症など
  • 消化器系の疾患…肝硬変、たんぱく質漏出性胃腸症など
  • 泌尿器系の疾患…急性腎炎症候群、慢性腎炎症候群、ネフローゼ症候群など

 

「足のむくみが中々良くならない…」と感じた場合には、これらのような疾患である可能性もあるので、すぐに病院へ行くようにしましょう。

このように、一言で「足のむくみ」と言っても、実に色々な要素が入り混じって発生するものですし、それが引き起こす問題もまた個人によって様々です。

一つの目安としては、足のむくみが「一過性のもの」であるか、あるいは「慢性的なもの」であるかです。

飲み会などが続いて通常よりも水分や塩分過多になってしまい、身体がむくんでしまった経験は誰にでもあるでしょう。

しかしこれは言わば一過性のむくみなので、自分でケアをしたり数日間が経過したりすると状態が良くなる事がほとんどです。

これが、むくみが中々とれずに慢性化してしまうと、身体の何らかの不調が考えられるという事になります。

「まあ自分はむくみやすい体質だから」と油断をしていると、実は深刻な疾患だった…などという事態になりかねません。

自己診断だけで済ます事なく、足のむくみが発生してある程度の時間が経過してしまった場合には必ず医師の診断を受けるようにしましょう。

「たかがむくみ、されどむくみ」である事を忘れずに、まずは自分の足のむくみと向き合うところから始めてみてはいかがでしょうか。

 

管理人おすすめの気分爽快スッキリサプリメント

管理人おすすめの気分爽快スッキリサプリメント

足のむくみも忘れられるような、毎日をスッキリさせる「専用サプリメント」はご存知でしょうか?

専用とついている通り、一般的な物とは違い、悩みを忘れられるようにと特化したサプリメントなのですが、今じわじわと話題になっているんですよ。

特にスッキリしない、毎日がパンパン、ギュウギュウで悩む人向けのサプリメントで、悩みをかいしょうすべく、めぐり成分・スムーズにする成分などが配合されており、あなたの快適な毎日をサポートしてくれます。

快適な生活を手に入れるためには、毎日のケアや、正しい治療も大切ですが、サプリメントによるセルフケアも大切なポイントです。

ただサプリメントは、薬ではないので、飲めば治るわけではありませんが、気になる悩みは、きっとあなたの力強いサポート役になってくれます。

そして今では、このようなサプリメントは多く発売されています。

その中でも、毎日のめぐりをスムーズにする成分が多く配合されているものをチョイスしして、自分に合ったサプリメントを見つけ、是非、前向きな新しい自分を見つけてみてはいかがでしょうか。
※注意:ここで紹介してたサプリメントは毎日を快適に過ごすサプリメントです。(むくみケアという意味ではありません)

 

管理人おすすめスッキリサプリメント3選

当サイトがおすすめするスッキリサプリメントをおすすめ順に紹介します。

.

1.するるのおめぐ実

1.するるのおめぐ実

1日たった2粒でむくみスッキリをサポートするサプリメント。
赤ぶどう葉、明日葉、とうもろこしのひげなどを配合し、“カラダにやさしい”自然のお恵みをギュッと凝縮されて管理人一押しのサプリメントです。

するるのおめぐみ紹介記事(こちら)

.

2.むくらっく

2.むくらっく

足の悩みにアプローチする5つの厳選素材に、3種類のビタミンBをプラスした『むくらっく』。
1日わずか2粒で内側からスッキリ軽やかな毎日をサポートします。

むくらっく紹介記事(こちら)

.

3.すらっときりり

3.すらっときりり

コーンシルク(とうもろこしのひげ由来)、明日葉、γ-トコフェロール、ドラゴンフルーツ、ザクロで余分な水分や老廃物をカラダの外へ。発酵黒岩生姜、金時生姜、L-シトルリンでめぐりをスムーズにする燃焼成分によりめぐるカラダへど導きます。

すらっときりり紹介記事(こちら)

.

4.メグリスリコピンプラス

4.メグリスリコピンプラス

4種の「巡る」ハーブエキスを配合し、「巡り力」を高めるサプリメントです。
ダイエットの前にまずはしっかり巡らせてキュキュッとスッキリにおすすめ。

メグリスリコピンプラス紹介記事(こちら)

.

5.めぐりゆく

5.めぐりゆく

2011年誕生したむくみサプリメント。
5年を経て、復活、さらにバージョンアップした「めぐりゆく」に期待大。

まぐりゆく紹介記事(こちら)